YouTubeチャンネル登録者数 1桁! ▶︎

【年50万貯金】手取り20万円1人暮らしが実践している貯金習慣を作る2つのコツ【手順解説】

お金のこと
スポンサーリンク
悩む人
悩む人
貯金が全然できない…
でもどうやって貯金をするのかがわからない
低収入でも貯金の習慣を作る方法を知りたい

 
こんにちは、マーブルです
今回は『貯金習慣を作る2つのコツ』について書いていきます
 
この記事を書いている私は、都内の小さな会社のシステムエンジニアを3年以上やってます
 
手取りは20万円程度、ボーナスもらえないサラリーマンです
 
お世辞にも多いとは言えない収入ですが、家賃9万円の賃貸で一人暮らしをしながら、年50万円以上を貯金する生活を3年以上続けることができているので、ある程度貯金意識や習慣というものが備わっていると自負しています
 
ここでは年収とか関係なく、一般的な、いわゆる普通のサラリーマンの方でも、今日から実践できるような貯金習慣を作るコツや具体的な実践手順について書いていきます
 


 

貯金のコツ:貯金額の先取りと出費整理

貯金習慣を作るコツは『貯金分の先取り』と『出費の整理』です
 
これらについてそれぞれ書いていきます
 

貯金分の先取り

まず「貯金分を先取りする」というのは「毎月、貯金するだけのお金を優先して確保する」ということです
 
具体的な行動例としては、給料日すぐに貯金口座に一定金額をうつしてしまう、といったものです
 
これをオススメする理由は、貯金分をあらかじめ確保しておくだけで日々の生活でのお金の意識が変わるからです

 
簡単に例を挙げてみます
 
例えば、AさんとBさんがいて、それぞれに5万円のお金が支給されたとします。
 
このとき、Aさんは
 

悩む人
Aさん
(とりあえず残ったお金を貯金に回せばいいや、、)

 
というように考えているのに対して、
Bさんの方は

悩む人
Bさん
(1万円は絶対に貯金する!)

 
と決めてそれぞれ1か月生活したとします
 
ここで1か月後、どっちの方が多く貯金できてそうだと想像しますでしょうか
 
おそらくBさんの方が貯金できそうだと思う人が多いはずです
 
この2人には以下のような思考の違いがあります
 

  • Aさん:5万円をどう使おうか?
  • Bさん:4万円をどう使おうか?

 
Aさんの場合は最大5万円までつかえるという思考があるので、1か月後、1万円以上残すような生活をするとは考えにくいです
 
対してBさんの場合は最大4万円までつかえるという思考になっているので、結果としてほぼ確実に、1万円以上残せるような生活を送ることができるだろう、と想像できると思います
 
このように、Bさんのようにあらかじめ貯金分を確保しておくことで、貯金をするためには何円以内で生活すればいいのかというのが明確になります
 
これが結果として、毎月一定額を貯金をするという目標の達成につながります
 
これが貯金分の先取りをオススメする理由です
 

出費の整理

そしてもうひとつ、出費の整理をすること、とはどういうことかというと「何にいくら払っているのかを把握する」ということです
 
これを行う理由は、月々の支払額を把握することで毎月いくら自由に使っていいのかを知ることができるからです
 
先ほど、貯金分を先取りしておくと何円以内で生活すればいいのかわかると述べました
 
ここからさらに、例えば「電気代は5000円、ガス・水道は2000円」といったように、毎月かならず出ていく金額を把握することができればそれらを差し引きして自由に使っていいお金はいくらになるのか、というのが明確になります
 
これが結果として、より具体的に、貯金ができる生活を実現することにつながっていきます
 
これが出費の整理をするべき理由となります
 

  • 毎月の貯金額を確保する
  • 何にいくら払っているのかを把握する
  • 毎月いくら自由に使っていいのかを知る

 

貯金額の先取り・出費整理の手順

具体的に行動・整理をしていく手順は下記のとおりです
 

行動・整理手順

  1. 貯金に回す金額を決める
  2. 毎月の必要出費項目と金額を把握する
  3. 月にいくらまで自由に使えるかを把握する

 

具体的な整理手順例

ここからは実際に私が整理した流れをまじえて、整理手順を具体的にご紹介します

1.貯金に回す金額を決める

まず、月に貯金したい金額を設定します
あまりに無茶な金額を目標にしてしまうと、毎日の生活が苦しくなって貯金は続かない恐れがあるので、10%~20%の範囲内で設定するのがオススメです
 
私は月4万円(20%)を貯金額に設定しています
 

目標額が決められない、、

もし、なんとなくでも「目標額を決められない、、」という人は、「手取り3か月分を〇〇年で貯めるなら」というところから逆算してみましょう
 
なぜ3か月という期間を挙げたかというと、サラリーマンが自主退職してから失業保険を受給できるまでの期間が3か月だからです
 
万が一退職してしまったときの、この空白期間を凌ぐことができる貯蓄と考えれば、まず安心ですし、貯金に対する意識も強くなると思いますのでぜひとも参考にしてみてください
 

無理のない目標貯金額を設定する

 

2.毎月の必要出費項目と金額を把握する

次のステップは月々発生する必要出費を把握する作業です
ここでは月の支払い明細をみて、何にいくらかかっているのかを確認しましょう
 
この時、やっておきたいポイントがひとつだけあります
それはなにかというと、「固定費」と「変動費」で分類しておくことです
 
固定費は電気・ガス・水道など、生活に必須で、毎月の支払金額がある程度決まっているものです
家賃や奨学金などもこちらに入ります
 
変動費は日用消耗品や食費など、生活に必要だけど、月によって支払金額が大きく変動する可能性があるものです
 
これらのふるい分けを行いながら、それぞれの金額も把握していきましょう
 

◆固定費
生活に必須で、毎月の支払金額がある程度決まっているもの

例)
電気・ガス・水道
家賃
奨学金  …等

 

◆変動費
生活に必要だけど、月によって支払金額が大きく変動する可能性があるもの

例)
日用消耗品
食費  …等

 
私の出費項目は以下のようになりました
 

種別項目金額
固定費電気5,000
ガス2,000
水道2,000
ネット4,000
スマホ2,000
家賃90,000
変動費食費20,000
生活消耗品5,000
合計130,000

 

固定費・変動費を把握する

 

3.月にいくらまで自由に使えるかを把握する

1で取り決めた貯金額と2で確認した出費から、ひと月で自由に使える金額を把握しましょう。
 
自由に使えるお金は以下の式から簡単に計算できます
 

自由に使えるお金 = 手取り – ( 貯金額 + 固定費 + 変動費 )

 
私の場合ですと、3万円まで自由に使ったとしても月4万円の貯金ができるということがわかります
 

自由に使えるお金が全くなかった場合

悩む人
悩む人
は?全然赤字なんだけど!

実際に計算をしてみた人のなかには「自由に使える金額がほぼゼロ、むしろ赤字!」という方もいるかもしれません
 
たしかに今まで貯金を意識していなかった人などは収支トントン、あるいは赤字ということも考えられます
 
そういった方についてはここからもうひとつだけ、「固定費・変動費カットの検討」をしてみてください
 
私の貯金サイクルも、固定費・変動費の削減を行っていたからこそ実現ができています
 
なのでぜひとも出費整理の一環として、減らせるものがないか検討してみてください
 

固定費・変動費をカットする

 
ここからは減らす作業のイメージをつかんでもらいやすいように、実際に私が行ったなかで比較的取り組みやすく効果のあった項目についての具体的な削減方法を2つほどご紹介します
 
今から紹介するものについてはあくまで私が実際に行ったものなので、必ずしも全員にオススメできる類のものではないということだけ頭に入れておいてください
 

出費カットの検討

実際に私がカットを行った項目は、固定費である「スマホ代」と変動費である「食費」の2つです
 

例①:固定費→スマホ代の削減

まずおこなったのがスマホ代の削減です
 
具体的には「大手キャリアから格安SIMに変更した」ということです
 
私自身、実際に一人暮らしを始める前のタイミングで“ドコモ”から“LINEモバイル”に乗り換えをしています
これをするだけで毎月8,000円以上支払っていた利用料が月2,000円以内に収まるようになりました
 
もちろん、格安SIMは「通信速度が極端に遅くなる時間帯がある」といったデメリットもあるので、必ずしも全員に勧められるというものではないです
が、切り替え手順も難しいものじゃないので比較的取り組みやすいかなと思ってます
なので検討材料のひとつとして、ぜひとも参考にしてみてください
 

【悲報】格安SIMへの安易な乗り換えは確実に後悔します

 

例②:変動費→食費の削減

そしてもうひとつが食費の削減です
 
具体的な方法は「自炊をメインに生活する」ということです
 
これは私が実際に感じていることなんですけど、計画的に自炊を行うと食費をかなり抑えられます
 
「計画的に」というのを具体的に説明すると、外食費と自炊用の食材費を切り分けて
あらかじめ金額設定するという方法です
 
例えば私の場合ですと月の外食費を1万円、食材費を1万円と決めて生活しており、食費が2万円と抑えながら無理なく続けられています
(先ほどご紹介した固定費整理の応用みたいなものとイメージしてください)
 
私の場合は外食費1万円・食材費1万円で、合計で2万円程度と取り決めて生活していて、大きな変動なく続けることが出来ています
 
もちろん、全く自炊をしていない人がいきなり自炊メインというのは難しいと思うので、例えば毎回外でごはんを食べているという人は家でごはんを炊いてお惣菜を買って食べる、といったように食費を減らす方向にちょっとずつ切り替えをしていくのがいいかなと思います
 

食費 = 外食費 + 食材費(自炊)

 
ここまでで2つだけですが、具体的な削減方法についてご紹介しました
他にも、例えば家賃だったりとか、検討できる項目はあると思うので
どうやったらもう少し安くできるかを考えてみてください
 

まとめ

以下、今回書いたコツについてまとめます
 

貯金習慣を作るコツ

  • 目標貯金額を設定する
  • 出費を把握して、自由に使える金額を知る
  • 固定費・変動費をカットする
タイトルとURLをコピーしました