YouTubeチャンネル登録者数 1桁! ▶︎

【経験談】ニートから抜け出すためにまずすべきたった1つのこと【ネタバレ:単発バイト登録】

アルバイト
スポンサーリンク
悩む人
悩む人
ニートから脱却したいけど、何から始めていいかわからない、、
実際にニート脱却するためにまずすべきことが知りたい

 

マーブル
マーブル
就職までに必要なことは非常にシンプルで、ある程度の前準備をして行動をするだけです
ここでは、具体的な準備、行動手順についてご紹介します

 
こんにちは、マーブルです
 
今回はニートから抜け出すためにまずすべきたったひとつのこと、というテーマで書いていきます
 
私は正社員のシステムエンジニアとして就職して勤続3年以上のサラリーマンをしているのですが、現在に至るまでは下記のような状況でした
 

  1. 大学3留の後、なんとか卒業
  2. 卒業後、1年弱ニート期間
  3. 正社員SE就職

 
上記をご覧いただくとお分かりのとおり、私には大学卒業後から正社員として就職するまでの間、ニートの時代が1年弱ありました
 
私の場合、ニートの状態からいきなり正社員のための就職活動、面接に行ったわけではなく、まずは単発バイトに登録しました
 
結果としてこの行動は、後の就職活動にも活かせる有益なものだったと思っています
 
ここではニート脱却のために、まず、なぜ単発バイトに登録すべきなのかについて書いていきます
 


 

ニートから抜け出すためにまずすべきこと

ニートから抜け出すためにまずすべきこと
 
結論から言ってしまうと、『単発バイト』に登録をすることです
 
実際に私は、ショットワークスというサービスに登録し、ピッキング・軽作業を行っていました
 

ピッキング・軽作業とは

工場・倉庫で検品、仕分け、梱包やシール貼りなどを行う作業

 

公式サイト
■ショットワークス(公式サイト)
 
URL:https://shotworks.jp/

 

単発バイトに登録すべき理由

単発バイトに登録すべき理由
 
ニートから抜け出す第一歩として単発バイトをすべき理由は、ニートが働きはじめるきっかけ・選択肢として非常に適しているからです
 
具体的に、単発バイトがニート脱却の選択肢として適していると思えたポイントを挙げると以下の通りです
 

  • 任意のタイミング・間隔で働ける
  • 人と関わりが少ない仕事ができる
  • 社会復帰している感覚を得られる
  • 空白期間の説明ができる
  • 登録から働くまでのハードルが低い

 
これらについてそれぞれ書いていきます
 

任意のタイミング・間隔で働ける

まず、任意のタイミング・間隔で働けるという特徴があります
 
一般的なアルバイトと比較して書いていきます
 

  • 働き始めるまでの心理的ハードルが低い
  • 就職が決まった後、すぐにやめられる

 

働き始めるまでの心理的ハードルが低い

まず、比較的心理的ハードルが低いという点です
 
一般的なアルバイトは、月ごとに組まれたシフトに合わせる形式です
 
過去にニート経験をしたことがある人なら共感してもらえるかもしれないですが、全く働いていない状態から継続的に働くという状態になるのは非常に心理的ハードルが高いです
 
単発バイトは、数ある募集の中から自分で選んで応募する形式となっており、募集日の前日に応募するということも可能なので、先述した心理的ハードルが比較的低いです
 

就職が決まった後、すぐにやめられる

そしてもうひとつ、就職が決まった後、すぐにやめられるという点です
 
一般的なアルバイトの場合、2週間前あたりで退職の旨を勤務先に伝えなければならなかったり、手続きを行う必要があるのでなかなかすぐにやめるというのが難しいです
 
対して、単発バイトは1日単位で働く日程を決めることができるので、退職の事前連絡も必要なく、スムーズにやめることができます
 
そのため、就活で採用が決まった後、初出勤までにしなければならない準備の負担を軽くすることができるというメリットもあります
 

人と関わりが少ない仕事ができる

ふたつめは、人と関わりが少ない仕事ができるという特徴です
 
単発バイトで募集されている職種としては、ピッキング・軽作業といった人とのコミュニケーション頻度が比較的低いものが多いです
 
これは私の感じたことですが、ニート期間は、人と話す・会うという機会がものすごく減るので、人とコミュニケーションをとるということに若干の抵抗を覚えていました
 
単発バイトでの仕事はそういったコミュニケーションに対するストレスが少ないため、非常にやりやすかったという経験があります
 

社会復帰している感覚を得られる

3つめは、社会復帰している感覚を得られるという特徴です
 
実際に私が初めて単発バイトに行ったとき、以下の感覚を得られました
 

  • 働いている・休憩しているというメリハリ感
  • 心地よい疲労感
  • お金を稼いだという実感

 
普通の人からしたら特段とりあげるようなことではないかもしれませんが、普段働いていなかった人間からすれば非常に大きな感覚です
 
私自身、この経験のおかげで就職活動に前向きに取り組む自信を持つことができました
 

空白期間の説明ができる

4つめは、空白期間の説明ができるという特徴です
 
これはどういうことかというと、次のステップである就活で聞かれる空白期間の理由に使うことができる、ということです
 
就活の面接では、絶対にニート期間なにをしていたのか聞かれます
 
大抵の人はここの理由をどうしようか悩むかと思いますが、私の場合は単発バイトをしていたという説明で面接を突破することができました
 

登録から働くまでのハードルが低い

そして最後に、登録や働くまでのハードルが低いという特徴があります
 
たとえば一般的なアルバイトの場合、実際に働き始めるまでに以下の手順を踏む必要があり、活動開始から日が空いてしまいます
 

  1. 履歴書を作成する
  2. 募集先と連絡を取り、面接日を決める
  3. 店舗に赴き、面接を行う
  4. 採用の連絡がきた後、初出勤日を決める
  5. バイト開始(初出勤)

 
対して単発バイトは以下手順のみ始めることができるので、例えば今日登録して明日働き始める、ということも十分可能です
 

  1. 単発バイト登録サイトに登録
  2. プロフィールを作成
  3. アルバイトを探して応募
  4. 採用通知がきた後、規定日にバイト開始

 
このように、そもそも働き始める前段階でうまくいかずに挫折してしまうという可能性が比較的低くなることもポイントとして挙げられます
 

まとめ

今回の内容をまとめると以下の通りです
 

    ニート脱却のためにまずすべきたったひとつのこと

  • 単発バイトに登録する

 

    単発バイトがニート脱却に適している理由

  • 任意のタイミング・間隔で働ける
  • 人と関わりが少ない仕事ができる
  • 社会復帰している感覚を得られる
  • 空白期間の説明ができる
  • 登録から働くまでのハードルが低い

 

公式サイト
■ショットワークス(公式サイト)
 
URL:https://shotworks.jp/

 

タイトルとURLをコピーしました